親知らずの抜糸~10年ぶりの歯科受診~

歯科治療に大きな苦手意識を持つ方は少なくない。わたしもその1人であり、学生時代の歯科検診以来、約10年ぶりの歯科受診を決意した。というのも、定期的に親知らずの痛みに悩まされ、少しでも若いうちに抜歯しておこうと思ったからだ。歯科治療への恐怖心が強いため、少しでも優しい歯科医にお願いしようと、インターネットの口コミを調べて、とある歯科医院を選んだ。幼少期に抱いていた歯科医院の嫌なイメージとは違い、明るく雰囲気が良いという印象。これなら通えるかもしれないと感じた。いざ治療が始まると、歯科医師も歯科衛生士も皆さん優しく、丁寧な対応をしてくださる方ばかりで、安心感を与えてくれた。抜歯の際に一番恐怖だったのが麻酔の注射だったが、まったく痛みがなく、いつ注射が打たれたかわからない程度であった。切開して抜歯が行われたが、ほんの数分で「歯が出ましたよ」と医師に声をかけられ、本当に驚いた。初めての親知らず抜歯は想像をはるかに越えてあっさり終了した。数日間腫れはあったものの、強い痛みもなく、その後順番に4本すべて抜歯した。それ以来、歯科治療への苦手意識はなくなり、現在は定期的に検査を受け、虫歯があれば早いうちに治療してもらっている。口の健康への意識が高まり、ケアもより丁寧に行うようになった。