根管治療が上手な歯医者さん

疲れがたまると奥歯が浮いたような感じになり、強い違和感が出るようになりました。歯茎が腫れている感じもしたので一度歯医者さんで診てもらうことにしたのですが、レントゲンを撮ると歯の根が黒く炎症を起こしていることがわかり、根管治療を行うこととなりました。以前も根管治療を行った経験があったので、それほど心配はしていなかったのですが、今回は歯医者さん泣かせの治療となってしまいました。というのも、歯の根の先が石灰化して針が入っていかないのです。穴をしっかりあけられないと、消毒薬を入れることができないので根管治療ができません。何度もチャレンジしてもらったのですが、これ以上は無理ということで治療が中断するか、抜くかの選択が迫られました。抜くのは嫌だったので、一旦治療を中断し、別の歯医者さんで治療を続けることにしました。その際にネットで根管治療で評判が良い歯医者さんはないかと探しました。初めての歯医者さんでしたが、事情を説明して再度根管治療を開始し、少し深く穴を開けることができたようです。しかし、根の先が曲がっているらしく、完全に穴を開けるのは難しいとのことでした。とりあえず抜かずに済んだのでほっとしましたが、根管治療の難しさを痛感する体験となりました。