歯周病の治療で歯科医院に通っています

上顎の親知らずの歯茎が腫れたことで、歯医者に通うようになり、6ヶ月になります。最近の歯科医は、抜歯をせずに自分の歯を残すような治療をしているなという感想を持っています。今回も歯茎が腫れて、歯周ポケットもかなり深く、あまり良い状態ではなかったのですが、抜歯を選択せず、歯周ポケットに薬を入れて、腫れを引かせ、最後にクリーニングをする治療でした。一番、症状が良くなかった奥歯の親知らずの治療の他に、全体的に歯周病チェックをして、病んでいる歯の治療も進めています。やはり、同じように抜歯は、選択せず、出来るだけ自分自身の歯が残るように治療してもらっています。現在は、右側の奥歯の親知らずの治療を進めています。歯磨きは、すごく丁寧にやっていまして、通常の歯ブラシの他に奥歯まで届く、コンパクトな歯ブラシ、歯間ブラシと食事後は、必ず、磨いているのですが、時々、歯茎が腫れてしまいます。医師に、丁寧に磨いているのに、どうして、こういう事態になるのかを尋ねたところ、磨きすぎも良くないとのコメントをもらいました。丁寧に磨く反面、少し、力を入れて磨いていたようで、その部分も是正し、現在は、比較的問題がない状態まで来ています。