歯医者に通う事の大切さ

数年前から自分は定期的に歯医者に通っています。大阪今里の歯医者は東成区で探すと誰もが歯が悪いんだと解釈しがちですが、実は違います。みなさんは歯医者に行くのは、虫歯だったり何らかの症状が出てからいきますか?それとも歯の状態が良くても行きますか?結論から言うと、歯医者は歯の病気の予防の為に行くのが良いということです。自分も元々歯医者は歯が悪い人が行くものだと思っていました。大阪今里の歯医者は東成区でもたまたま歯の歯石が気になり虫歯も特にないと思っていたのですが、歯石を取りに行きました。すると、治療はもちろんなのですが、歯の大切さや予防の大切さ。普段のケアの大事さを教えてもらい歯に対する意識が変わりました。症状が出てからだと痛みはもちろん、治療費用も高いんだそうです。そうならない為に、神戸で小児矯正を見つけるには定期的に歯のクリーニングに行くなど歯の状態を保ちながら、虫歯になりそうな歯などの早期発見することが大切だと思いました。自分の通っている歯医者は、うまく磨けてない所なども指摘してもらえて大変助かっています。治療前の写真と現在の写真を見比べたりして、歯の状態や歯茎の具合などもどう変化しているのか自分で理解できるなど、歯の健康を保つのに歯医者へ行くことはとても良いと思います。みなさんもぜひ今後から”予防”の為に歯医者に通ってみてはいかがでしょうか。