抜歯の際の自費診療

私が歯科医院で自費治療したのは、親知らずの抜歯をした際です。私が歯科医院にかかったのは、急に奥歯が痛み出し、そのときにネットで調べて口コミが良いところに行きました。下の親知らずが真横に半埋没で向いており、隣の歯との間が虫歯になっていたため、抜歯しか選択肢が無く、その時は一般的な抜歯をし、隣の歯の治療をしました。しかし、下の親知らずを抜いたので、噛み合わせの問題で上の親知らずも抜歯することになり、その際に自費診療をしました。理由は、上の歯の抜歯後の穴に、治りを早くするテルプラグを勧められたからです。ただ、テルプラグは保険診療外なので自費診療になるといわれ、正直迷いました。テルプラグのことがよくわからず、即決はできず、自分なりに調べて、安全性も理解できたので、後日お願いすることにしました。抜歯当時、改めてテルプラグのことを確認し納得の上、抜歯をしてテルプラグの処置をしていただきました。日本ではテルプラグは自費診療ということもあり、抜歯後はそのままのことも多いみたいですが、結果は…?以前、別の病院で抜歯した際には、抜歯した穴にご飯粒が入ったり、血がなかなか止まらず嫌な思いもしましたが、テルプラグをした穴は、直ぐに再生してきて、やはり聞いていた通り、回復が早く嫌な思いもしませんでした。自費診療は時には良いものだと思いました。